(長野県宮田村) 更新:2015年6月(5)
(みやだほんじん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

宮田本陣の枝垂れ桜
しだれ桜の後の建物は宮田宿本陣(旧新井家住宅)で、村の中心部から移築されたものです。
宮田本陣の枝垂れ桜
道路の脇にあり環境はよくありません。
宮田本陣の枝垂れ桜
周囲はふれあい広場になっており、本陣は無料公開されています。
宮田本陣の枝垂れ桜
宮田本陣 宮田宿本陣
 旧新井家住宅
名称 : 宮田本陣の枝垂れ桜
所在地 : 長野県上伊那郡宮田村新田1926-10 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/4/18 宮田本陣マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR飯田線・大田切駅から約3km、徒歩約50分。 【車】中央道・駒ヶ根ICから約2.5km。本陣の駐車場あり。
現在の宮田宿本陣旧新井家住宅は、宮田村町区の宿場町にあった伊那街道に唯一残る江戸時代の本陣を、現在地に創建当時の姿に移築復元したもので、長野県宝に指定されています。江戸時代、飯田のお殿様が参勤交代の際に使用したそうです。
 しだれ桜は本陣の道路脇の歩道上にあり、根元部分はコンクリートで固められており、樹勢が弱ってきているそうです。訪問時は満開時を若干過ぎたようです。シダレザクラは約50年前、村の青年会がソメイヨシノと一緒にこの一帯に植えたといわれています。
 しかし、幹の腐朽などで伐採も検討されるなど危機的な状況のようで、後継樹を残すプロジェクトも始まっています。でもやはりこの桜を残して欲しいものです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(光前寺のしだれ桜と三本杉) (本村の大しだれ桜)
     
長野県  サクラ   新日本名木100選
     
No.1038