(石川県白山市) 更新:2013年8月(10)
(よしの)  巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

吉野神社のケヤキ
ケヤキの側にある立て札では、幹周/5.1m、樹高/28.0m。
吉野神社のケヤキ
本殿への参道右手に立っており、空洞などの痛みが見られません。右奥が本殿。
吉野神社のケヤキ
地上3m程で3本の支幹に分かれています。まだ若葉が出たばかりでした。
吉野神社のケヤキ 吉野神社のケヤキ
立て札
名称 : 吉野神社のケヤキ
所在地 : 石川県白山市吉野ク223 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/4/28 吉野神社マップ
指定 : 白山市指定天然記念物 (S46年11月3日指定)
アクセス : 北陸鉄道・鶴来駅で下車し、北鉄バス「瀬女」行きに乗り「下吉野」で下車南東に500mほど。
御仏供スギのある吉野工芸の里から国道157号を南西に約700mほど行くと白山市白山ろく体育館があり、体育館の南の小道を入ると正面に吉野神社があります。欅の木は本殿の右手前にあり、周囲の木々からは抜きんでて太いのですぐに分かります。
 湿気が多いためか苔をいっぱい樹肌にまとっており、根元部は結構太いのですが、地上2mほどが最も細く感じます。地上4mほどで枝別れして伸びています。
 吉野神社は、白山を開山した泰澄大師が白山大神を祀ったのが創立であるという伝承があり、もとは白山神社と称していましたが、明治41年に吉野神社に改称しています。祭神として菊理姫命などを祀ります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(御仏供スギ) (猫ヶ島の弥四郎の大栗)
     
石川県 ケヤキ 新日本名木100選
     
No.658