(石川県白山市) 更新:2013年8月(11)
(ねこがしまのやしろ)  巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

猫ヶ島の弥四郎の大栗
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5.10m、樹高/17m。樹齢/約250年。クリの後方には残雪が見えます。
猫ヶ島の弥四郎の大栗
旧国民宿舎・白山一里野荘が左に見えます。
猫ヶ島の弥四郎の大栗
地上3m程で3本の支幹に分かれています。まだ若葉が出たばかりでした。
猫ヶ島の弥四郎の大栗
後方の建物は「温泉センター天領」、駐車場からクリまでの道があります。
猫ヶ島の弥四郎の大栗の説明板 旧尾口村の天然記念物指定の説明板
名称 : 猫ヶ島の弥四郎の大栗
所在地 : 石川県白山市尾添チ63 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/4/28 猫ヶ島の弥四郎の大栗 マップ
指定 : 白山市指定天然記念物 (H4年11月25日指定)
アクセス : 北陸鉄道石川線・鶴来駅で下車。北陸鉄道バス「瀬女」行きに乗り終点で下車し、さらに「めぐ〜る」バスにて一里野まで約10分。 【車】北陸自動車道・小松ICより約50分。
説明板には、蜜谷弥四郎が宝暦年間(1751〜64年)に植樹したものといわれ、県内で類例のない巨樹と記されています。すると樹齢は250年余りとなります。
 ここ白山一里野は標高550mの高地にあり、スキー場と温泉の一大リゾート地になっています。
 大栗はその温泉施設の中心「温泉センター天領」のすぐそばの林の中にあり、駐車場も完備されており、気軽に訪れることができます。一里野温泉からは白山スーパー林道があり、白川郷へ抜けることができます。ただ、ゴールデンウイークは雪のためまだ開通していませんでした。
 大栗はまだ葉が出ておらず、ちょっと寂しい状況でしたが、手のひらを広げたように主幹が3方向に伸び独特な形を見せています。付近には残雪が残り、高山植物が花を付けていました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(吉野神社のケヤキ) (笥笠中宮神社のトチノキとカツラ)
     
石川県 ク リ 新日本名木100選
     
No.659