(石川県金沢市) 更新:2018年6月(11)
(おやま) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

尾山神社の兼六園菊桜
尾山神社本殿の左側にある兼六園菊桜。ちょうど満開でした。
尾山神社の兼六園菊桜
本家の兼六園の「兼六園菊桜」に比べると非常に元気そうです。
尾山神社の兼六園菊桜
非常に花のつきがよいようです。
尾山神社の兼六園菊桜
尾山神社の兼六園菊桜
菊桜の後が尾山神社本殿。
尾山神社の兼六園菊桜(2)
この菊桜は神門を入った右手にあります。
尾山神社の兼六園菊桜 説明板

尾山神社のイスノキ
拝殿前のイスノキ。
尾山神社のイスノキ 蚊母樹 説明板
イスノキ 「蚊母樹」(いすのき)の説明板。
名称 : 尾山神社の兼六園菊桜
所在地 : 石川県金沢市尾山町11-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2018/4/22 尾山神社マップ
指定 : なし 社叢は市の保存樹林
アクセス : JR金沢駅からバスで10分(北陸鉄道バス) 。「南町」下車し徒歩3分。
金沢城の西側に接して尾山神社があります。ここにも兼六園菊桜があるとのことで訪問しました。2本ありますが、ちょうど満開でした。兼六園の兼六園菊桜はかなり弱っていましたが、尾山神社の兼六園菊桜は花付がよく、非常に元気そうです。
 この兼六園菊桜は、昭和10年頃に雪で折れた兼六園にあった菊桜の枝を、民間の方が接ぎ木して育てられてきたもので、池内信彦氏により寄進されました。
 尾山神社は、初代金沢城主・前田利家と正室お松の方を祀る神社です。明治6年(1873年)に歴代藩主の別邸であった金谷御殿跡に建立されました。特に神門はステンドグラスを持ち、和漢洋折衷の珍しい建築物です。金沢名所のひとつになっています。
 尾山神社の社叢は市の保存樹林になっており、タブノキの巨樹があります。ここでは拝殿前にイスノキを紹介しました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(兼六園の名島桜・塩釜桜) (本覚寺のタブノキ)
     
石川県  サクラ   新日本名木100選
   
No.1626