(香川県坂出市) 更新:2019年1月(22)
(しろみねじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

白峯寺のイチョウ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/9. 30m、主幹の幹周/5. 60m、樹高/15m。
白峯寺のイチョウ
イチョウは頓證寺殿拝殿(重文)の左横にあります。右に行くと崇徳天皇陵があります。
白峯寺のイチョウ
イチョウは主幹が途中で折れています。
白峯寺のイチョウ
イチョウの根元です。右奥に西行法師の小さな石像があります。
白峯寺のイチョウ
株立ちですから幹周9.3mというの大きさは感じられません。
白峯寺のモミ
白峯寺のモミ】 モミは、香川の保存木に指定されおり、県のサイトでは、幹周/3. 4m、樹高/30m。
白峯寺のモミ
御成門(重文)とモミ。
白峯寺のクスノキ
駐車場横の根上りのクスノキの巨樹。環境省巨樹巨木林DBで、幹周/4. 00mとされているようです。
白峯寺護摩堂 白峯寺護摩殿。
頓証寺殿とイチョウ 頓証寺殿とイチョウ。頓証寺殿は崇徳上皇の霊廟で国重文。
名称 : 白峯寺のイチョウ・モミ
所在地 :  香川県坂出市青海町2635 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2018/11/2 白峯寺マップ
指定 : モミ 香川の保存木 (S54年2月27日指定)
アクセス : 【車】瀬戸大橋・坂出北ICから県道186→161号を東に6.4km、右折し県道16号を南に500m、「白峯寺」の看板のある交差点を左折し6km。駐車場あり。
白峯寺は、坂出市の五色台の白峰の中腹にある真言宗御室派の寺院です。標高280mにあり、四国八十八箇所霊場第81番札所でもあります。寺院には崇徳上皇の陵墓である「白峰陵」が隣接します。(白峯寺公式HP
 境内やHPの由緒によれば、白峯寺は弘法・智証両大師の開基になります。弘法大師が弘仁6年(815年)この山に登られ、宝珠を埋めて霊場と定め、のちに智証大師が千手観世音菩薩を刻み、本尊として安置しました。
 その後保元元年(1156年)「保元の乱により第75代崇徳(すとく)天皇が讃岐に配流されました。9年後の長寛2年(1164年)に上皇は崩御し、この白峯の地で荼毘に付され、その場所に御陵が営まれました。
 境内には、崇徳上皇の御廟所「頓証寺殿(とんしょうじでん)」や、上皇にゆかりのある「玉章木(たまずさのき)」があります。
 イチョウはその頓証寺殿のそばにあります。幹は株立ちで、途中で折れています。それでも多くの葉を付けていました。イチョウのそばには西行法師の石像と歌碑があります。上皇の死から3年後、上皇と親しかった西行法師が詣でた話は上田秋成作「雨月物語」の伝説で有名です。
 モミは七棟門(山門)を入った右手の客殿の中にあります。直接根元に行くことはできませんが参道からその姿を見ることができます。
 国の重文に指定された本堂・大師堂など多くの文化財を持ちます。市内には同じく崇徳上皇の伝説を持つ白峰宮には「白峰宮のクスノキ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(大石さんのムクノキ) (白峰宮のクスノキ)
     
香川県   イチョウ   モ ミ    新日本名木100選
No.1787