(徳島県藍住町) 更新:2016年4月(8)
(とうこうじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

東光寺のイチョウ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4.97m、樹高/20m。幹周実測値:5.78m。
東光寺のイチョウ
本堂に向かった方向で写すと主幹がほとんど枯れているのが分かります。
東光寺のイチョウ
東光寺のイチョウ
過去の写真を見ると、どんどん枯れた部分が広がっています。
東光寺のイチョウ 東光寺のマキ
東光寺のイチョウ  マキ(イヌマキ:町天然記念物)
由緒 東光寺由緒
名称 : 東光寺のイチョウ
所在地 : 徳島県板野郡藍住町東中富字東傍示39 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/11/28
指定 : 藍住町指定天然記念物 (S63年1月10日指定)
アクセス : 【車】徳島道・藍住ICから北西に約400m。駐車場があります。
東光寺は藍住町の吉野川近くにある高野山真言宗の寺院です。本堂と庫裏は新しく建て直されており、 四国八十八ヶ所と西国観音三十三ヶ所の石佛が塀に沿って並んでいます。寺院は天和年間(1681〜84年)に宥意上人が創建したと説明板にあります。本尊は「壷薬師」と尊称されており、薬師如来自らが、薬壷の中に立座の上、薬師十二大願の成就を祈念されておられます。
 境内本堂前の大イチョウは、創建当時に植えられたといわれます。3mほどで分岐していた主幹が切られ、さらに残された支幹の方も枯れかけています。白く色が変わった部分が年を追って広がっており、寿命はそう長くないかも知れません。境内にはイヌマキの木も町の天然記念物に指定されていますが、幹周は1mほどで大木とはいえないでしょう。
 近くには「奥野諏訪神社のイチョウ」、「伊比良盗_社のイチョウ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(矢武八幡神社のイチョウ) (奥野 諏訪神社のイチョウ)
     
徳島県  イチョウ   新日本名木100選
   
No.1206