(徳島県石井町) 更新:2014年6月(12)
(たけみなとみ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

多祁御奈刀弥神社のエノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5.23m、樹高/13m。樹齢は推定700年とあります。
多祁御奈刀弥神社のエノキ
エノキの前には「御神木 椋」の駒札が立てられています。
多祁御奈刀弥神社のエノキ
イチョウ
こちらは境内入り口のあるイチョウ。環境省巨樹巨木林DBでは、幹周/4.01m、樹高/24m。
イチョウ ムクノキ
イチョウの上部には乳(気根)が。 本殿裏のムクノキ。
名称 : 多祁御奈刀弥神社のエノキ
所在地 : 徳島県名西郡石井町浦庄字諏訪213-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/11/24 多祁御奈刀弥神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR徳島線・下浦駅から西北に1.2km、徒歩約20分。
多祁御奈刀弥神社の創始は不詳です。長い名前なので、通称、お諏訪さん、あるいは東の宮というそうです。祭神は、建御名方神(たけみなかたのかみ)、八坂刀売神(やさかとめのかみ:建御名方命の妃)。延喜式にその名があることから千数百年前の創始になり、我が国で最古の神社に数えることができるそうです。
 長野県諏訪市の諏訪大社は、宝亀10年(779年)にこの阿波から移設されたとの説があります。ちょうど郷土歴史探訪をされている方々が10名程神社に来られており、この神社の奥深い歴史について聞いておられました。
 また神社名ですが、「多祁御奈刀弥神社」の「祁」の字は、本来は「ネ」偏ですが、現在の漢字表には無いので表示できません。
 エノキは本殿の左前にあり相当の古木で、根元には空洞が見られます。よく見ると駒札には「御神木 椋」と書かれています。どのサイトを見ても「エノキ」ですのでここではエノキにしました。ムクノキとエノキは区別が難しいのですが、葉を診れば大体は分かるのですが。
 近くには「銀杏庵のイチョウ」や「齋神社のイチョウ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(野槌神社のクスノキ) (柴原八幡神社のイチョウ)
     
徳島県 エノキ 新日本名木100選
     
No.800