(徳島県徳島市) 更新:2014年6月(13)
(しばはらはちまん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

芝原八幡神社のイチョウ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6.58m、樹高/19m。
芝原八幡神社のイチョウ
芝原八幡神社のイチョウ
大きな乳(気根)が何本も地上近くまで垂れています。
芝原八幡神社のイチョウ
イチョウはまだ黄葉には少し早かったようです。
本殿 市保存樹木
洪水痕跡標柱 蔵珠院の山門脇
 にある吉野川の
 洪水の痕跡標柱
名称 : 芝原八幡神社のイチョウ
所在地 : 徳島県徳島市国府町芝原字宮ノ本5-2 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/11/24 芝原八幡神社マップ
指定 : 徳島市指定保存樹木 (S49年12月11日指定)
アクセス : JR徳島駅から徳島バス覚円線・竜王団地行きに乗り「芝原東」下車、徒歩約10分。
八幡神社の鳥居前には長い長い直線約330mの参道があります。これはかって昭和5年頃まで行われた神事競馬の馬場だったものです。
 芝原八幡神社は、創建の時期は不詳ですが、鎌倉時代と伝えます。祭神は応神天皇始め四柱で、宇佐八幡宮から分遷されたとのことです。
 イチョウは広い境内ん西隅にあり、少し傾いていますが、幹周6.5mという巨樹です。主幹には多くの乳(気根のことです)が垂れています。少し黄葉には早かったのが残念ですが。
 隣接する蔵珠院(ぞうしゅいん)というお寺の山門横に、木でできた標柱(ひょうちゅう)が立っています。標柱に記録されているのは、江戸時代末期の慶応2年(1866年)に起きた「寅の水」という吉野川の大洪水の記録です。標柱の痕跡によると、洪水の水はお寺の塀を越え地上3mに達したとのことです。洪水は肥沃な土を運んでくれる一方、多くの人命や財産を奪ってきました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(多祁御奈刀弥神社のエノキ) (村上邸のムクノキ)
     
徳島県 イチョウ 新日本名木100選
     
No.801