(徳島県佐那河内村) 更新:2014年8月(10)
(おおみや) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

大宮の乳銀杏
【乳銀杏】 環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6.41m、樹高/19m。村の公式サイトでは、樹齢310年。
大宮の乳銀杏
【乳銀杏】
大宮の乳銀杏
【乳銀杏】 乳銀杏と呼ばれるように小さいですが多くの乳(にゅう:気根)が垂れ下がっています。
大宮の乳銀杏と八幡神社社殿
拝殿とその背後にある乳銀杏。
大宮の梛
【梛(ナギ)】 拝殿の左側にあるナギの木。村公式サイトでは、幹周/3.5m、樹高/12m。
大宮のナギ
名称 : 大宮の乳銀杏とナギ
所在地 : 徳島県名東郡佐那河内村下字高樋79 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/16 大宮八幡神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR徳島駅前から徳島バス・佐那河内線「神山高校前」行きに乗り、「大宮神社」で下車すぐ。
乳銀杏とナギがある大宮八幡神社は、奈良時代の初期、和銅3年(710年)に豊前国(現在の大分県)宇佐八幡宮より分祠奉祭されたと伝わります。祭神は八幡神である品陀和気命(応神天皇)です。
 佐那河内村(さなごうちそん)は徳島市へと注ぐ園瀬川の流域に開けた山村で、豊かな自然が残ります。乳銀杏は拝殿右にあり、小さいながら乳(にゅう)と呼ぶ気根をいっぱい垂らしています。ナギ(梛)は拝殿左にあり、前には砲弾が置かれていました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(五滝入口のカツラ) (本上角 八幡神社のイチイガシ)
     
徳島県 イチョウ   ナ ギ 新日本名木100選
     
No.838