(徳島県吉野川市) 更新:2009年1月(5)
(にしかわた)  巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

西川田の楠
楠木神社の鳥居と小さな祠のある「西川田の大クス」。環境庁DBでは、幹周/12.35m、樹高/22m。
西川田の楠
吉野川の堤防のすぐ下に大クスはありました。堤防上は吉野川を一望できます。
西川田の楠 西川田の楠
標識も説明板もありません。「楠木神社」の御神木としか分かりません。
名称 : 西川田の大クス
所在地 : 徳島県吉野川市山川町槻原27-2 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/5/3 西川田の大クス
指定 : 吉野川市指定天然記念物 (H9年9月17日指定)
アクセス : JR徳島線・川田駅から北東に徒歩5分。
(財)徳島県観光協会のウエブサイト「阿波ナビ」では、この大クスは「西川田の大クス」となっています。他の巨樹のサイトでは「東川田のクス」となっているものが多いようです。吉野川南岸堤防のすぐ下にあり、堤防上からも大クスがよく見えます。大クスの根元には小さな庚申塔があり、寛文4年(1664年)12月3日の日付があります。約350年前のものですが、その頃にはすでにこの大クスはあったのかも知れません。
 幹周が12mを超える大楠ですが余り知られていないようで、市の天然記念物ですが説明板など名称や由緒を示すものは何もありません。吉野川の堤防下にあり、コンクリートの堤防が迫っています。
 大楠は根元から1.5m程の所で大きく3本の支幹に分かれており、幹には大きな空洞はないようで、葉をいっぱいに繁らせていました。吉野川流域は肥沃なせいか、このようなクスの巨樹が多く見られますが、このクスも他府県ならば県の天然記念物級です。ぜひ十分な保護を願いたいものです。

(2011/3/3/追記)詳しい住所と市の天然記念物指定日を市教育委員会より教えていただきました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(芝東照宮のイチョウ) (田中のエノキ)
     
徳島県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.193