(和歌山県紀の川市) 更新:2014年8月(4)
(さいのもり) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

賽の森のムク
ムクノキの前にある市自然保存木の説明板によれば、幹周/6.0m、樹高/24.0m。
賽の森のムク
根元に板状の石が積まれており、その上に賽の神が祀られています。
賽の森のムク
賽の森のムク
上から眺めると賽の神がよく見えます。根張りもよくなかなか素晴らしいムクノキです。
賽の森のムク
紀の川市自然保存木
名称 : 賽の森のムク
所在地 : 和歌山県紀の川市杉原919 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/9 賽の森のムク マップ
指定 : 紀の川市指定天然記念物
アクセス :  【車】国道24号線の「粉河」交差点を南に折れ、紀の川を渡り県道13号線を進み、西杉原バス停を南に折れ、西杉原集会所を目標に。
西杉原集会所から山手に登る道を約300m程行くと左手上にムクノキが見えます。2013年にも一度来たのですが発見できず、再度の訪問で見つけました。
 紀の川市指定自然保存木でしたが、最近市の天然記念物に指定されました。説明板では、このムクノキは古くから神木として尊崇され、根元に賽の神を祀ります。近郷一の大木で秋には多くの実をつけるとあります。
 ネットにも余り登場しない巨樹ですので、位置が難しいのですが地図にリンクをしていますので、これで分かると思います。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(松本家のカヤ) (下三毛・くろがねもちの老樹)
     
和歌山県 ムクノキ 新日本名木100選
     
No.832