(和歌山県九度山町)  更新:2015年4月(8)
(こさわいつくしま) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

古沢厳島神社のイチョウ
現地樹名板によれば、幹周/4.35m、樹高/32m、樹齢数百年の雌株。
古沢厳島神社のイチョウ
高野山への途中にある上古沢集落にある厳島神社のイチョウで、県の天然記念物に指定されています。
古沢厳島神社のイチョウ
イチョウは頂部にやや枯れ枝が多いようです。
古沢厳島神社のイチョウ
古沢厳島神社のイチョウ 上古沢集落
 からイチョウを
 写しました。
古沢厳島神社 厳島神社社殿
説明板 イチョウの
 データ
名称 : 古沢厳島神社のイチョウ
所在地 : 和歌山県伊都郡九度山町上古沢41 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/11/15 古沢厳島神社マップ
指定 : 和歌山県指定天然記念物 (S48年5月16日指定)
アクセス : 南海電車高野線・上古沢駅で下車し約300m。 【車】京奈和道・橋本ICから国道371号を南に2km、清水交差点を右折して国道370号を約11km行くと「←古澤厳島神社」の標識があるので左折し200mで、駐車場があります。
厳島神社は高野山への参詣道にあたる上古沢集落の中心にあり、主祭神として市杵嶋姫命(イチキシマヒメノミコト)を祀ります。市杵嶋姫命は仏教では弁財天とされています。別当寺などを明治維新の神仏分離により破却した際古文書を失い草創の時期は不明とのこと。
 8月に行われる五穀豊穣(ほうじょう)を願う神事「傘鉾」や10月に行われる「えびすのお渡り」でも有名で、イベントがある日は多くの観光客で賑わいますが、イチョウの黄葉が綺麗な訪問日は誰も人がいませんでした。
 イチョウは県の天然記念物に指定されていますが、幹周4mほどであり、特別な巨樹というわけではありませんが、歴史ある地域のシンボルとして貴重ね存在です。国道にはこの時期、この地域の名産「富有柿」を販売している店が並んでおり、神社への道を聞くついでに買ってしまいました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(円光寺のムクノキ) (広橋の御葉付イチョウ)
     
和歌山県  イチョウ   新日本名木100選
     
No.996