(和歌山県有田川町) 更新:2013年5月(3)
(ふじなみ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

藤並神社のイチイガシ
和歌山県の天然記念物のサイトによれば、幹周/4.32m、樹高/18m、樹齢/300年以上。
藤並神社のイチイガシ
地上からの高さ2mのところから、2支幹(しかん)に分岐しています。
藤並神社のイチイガシ
藤並神社のイチイガシ
イチイガシの根元部。
藤並神社 藤並神社の社殿
泣沢女の古墳 泣沢女の古墳
 (県文化財指定)
名称 : 藤並神社のイチイガシ
所在地 : 和歌山県有田郡有田川町天満722 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/3/23 藤並神社マップ
指定 : 和歌山県指定天然記念物 (H23年3月15日指定)
アクセス : JR紀勢本線・藤並駅から北東に約1.4km、徒歩約25分。【車】阪和道有田ICから北に約1km。
イチイガシはブナ科コナラ属の常緑高木で、関東地方以南の本州太平洋岸・四国・九州、朝鮮・中国に分布しています。「藤並神社のイチイガシ」は、和歌山県内では最大級のイチイガシで、最近県の天然記念物に指定されました。
 藤並神社は祭神として菅原道真公、水主神などを祀ります。武内宿禰が勅命を奉じて水主神を祀ったのが創始とされています。平安時代になり天元三年(980年)紀伊国司菅原有忠郷が霊夢を感得されて山城国・北野天満宮から菅原道眞公の霊を勧請し、合祀して天満宮と称したが、明治の末に藤竝村内34社を合祀して藤並神社と改称したそうです。
 境内には泣沢女(なきざわめ)の古墳があります。7世紀前半、古墳時代最終末に造られた円墳で、横穴式石室には県下では珍しく巨大な石材が使用されており県の文化財(史跡)に指定されています。
 境内には幹周5mを超すクスノキもあり、鎮守の森を形作っています。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(糸我稲荷神社楠の大木) (夏瀬の森のクスノキ)
     
和歌山県  カ シ   新日本名木100選
     
No.616