(奈良県葛城市) 更新:2020年1月(3)
 (きたはなうち) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

北花内神明神社のムクノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5. 50m、樹高/15m。 幹周実測値/5. 56m。
北花内神明神社のムクノキ
幹周5mを超えるムクノキですが樹高が低いので、主幹は途中で折れているようです。
北花内神明神社のムクノキ
神明神社の横には浄円寺という寺院があり、境内は共用しているようです。
北花内神明神社のムクノキ
根元には石仏が祀られていますが、石仏の後ろは空洞になってるみたい。
北花内神明神社拝殿
右が神明神社で左が浄円寺です。
名称 : 北花内神明神社のムクノキ
所在地 :  奈良県葛城市北花内453 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2019/10/28 北花内神明神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR和歌山線・大和新庄駅から南に約400m。 【車】大和高田バイパス(国道165号)・東室出口から国道24号を南に1km、「柿本北」を直進し400m。駐車は国道24号沿いのコンビニに置き歩きました。
神明神社の周囲には車を駐めるところがないので、国道の「北花内中」交差点にあるコンビニに駐めて歩きました。
 北花内神明神社のムクノキは、神明神社と浄円寺が共用しているような境内の中央にありました。結構太いムクノキですが主幹は途中で無くなっているようです。根元には石仏が祀れており、その後ろには空洞が見られます。
 神明神社ですから、祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)です。隣接する浄円寺は真宗興正寺派の寺院で、神明神社とは一つの境内にあり、神宮寺として古くに創建されたと見られます。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(薑春日神社のムクノキ) (大願寺のモミ)
     
奈良県  ムクノキ   新日本名木100選
     
No.2018