(兵庫県姫路市) 更新:2013年10月(2)
(おおもりいなり) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

大森稲荷大明神のムクノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6.0m、樹高/17m、樹齢/約500年。すぐ横にエノキが。
大森稲荷大明神のムクノキ
田井村発祥の地の石碑が境内に立っています。赤い鳥居の背後がムクノキ。
大森稲荷大明神のムクノキ
エノキの根っこがムクノキを取り囲むように伸びてきています。ムクノキは痛みが激しい。
大森稲荷大明神のムクノキ・エノキ
ムクノキとエノキ。共に細いしめ縄が巻かれています。ムクノキは主幹が切られています。
大森稲荷大明神のムクノキ
大森稲荷社 説明板 大森稲荷大明神
大森稲荷社の説明板  稲荷大明神の小祠
名称 : 大森稲荷大明神のムクノキ
所在地 : 兵庫県姫路市書写569 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/5/25 大森稲荷大明神マップ
指定 : 姫路市指定保存樹 (S49年2月10日指定)
アクセス : JR姫路駅から神姫バス「白鳥台行き」に乗り「田井」で下車し北に約600m、徒歩約10分。 【車】山陽道・山陽姫路西ICから県道5号線を東に約5km。
上の写真の説明板によれば、祭神はお稲荷さん、すなわち倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ)となっています。創始年は不明ですが、「田井の大森さん」として親しまれているそうです。このあたりの小字名「小屋敷」は寛延元年(1748年)の大水害まで、この社の周辺に田井の集落があったのが起源であろうと記されています。
 ムクノキは痛みが激しく、主幹が地上5mほどで切られていました。側にはエノキがありますが、まだ幹周2m以下です。ゆくゆくはエノキに主役の座を盗られてしまうのではないかと。
 書写山円教寺はここからすぐですので、山上までロープウェイで行き、大スギと豪壮な寺院を見に行きました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(白髭神社のムクノキ) (書写山円教寺の大スギ)
     
兵庫県 ムクノキ 新日本名木100選
     
No.675