(兵庫県西宮市 更新:2009年8月(4)
(おおいちはちまん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

大市八幡神社の大クス
説明板では、幹周/5.3m、樹高/24m、樹齢/推定400年。池田輝正が植樹したとの石碑が立っています。
大市八幡神社の大クス
大市八幡神社の大クス
大市八幡神社 八幡神社の大クス説明板と石碑
(上)大市八幡神社の本殿ですが、阪神大震災で大きな被害を受けました。見えているのは覆屋です。

(右)池田輝正公植樹の石碑と説明板。
名称 : 大市八幡神社の大クス
所在地 : 兵庫県西宮市若山町3-31 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/1/5 大市八幡神社マップ
指定 : 西宮市指定天然記念物 (S55年3月11日指定)
アクセス : 阪急電車今津線・門戸厄神駅から北東に700m、徒歩15分。
大市八幡神社の創建は不詳ですが、かなり古い時代と思われます。本殿は棟札によれば、慶長15年(1610年)の建立とあります。境内の北側にある大クスは、播州姫路城主だった池田三佐衛門尉輝政が本殿建立の際に参詣した時、記念に植樹したと伝えられているそうです。
 西宮市の住宅街の中にありますが、環境もまずまずなのでまだまだ成長しそうです。典型的なクスの巨樹で、10m位の高さまで枝がほとんどなく、そこから枝が周囲に分かれています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(大宝神社のクスノキ) (善峯寺の遊龍の松)
     
兵庫県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.262