(兵庫県南あわじ市) 更新:2018年1月(19)
(じゅういち) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

十一神社のムクノキ
十一神社のムクノキ】 幹周実測値/4. 53m、樹高/約25m(目視)。
十一神社のムクノキ
十一神社のムクノキ】 板根が発達しており、少し下を測れば幹周5m近くになりそうです。
十一神社のムクノキ
十一神社のムクノキ】 時期的に葉がないのでちょっと寂しいのですが。
十一神社のホルトノキ
十一神社のホルトノキ】 幹周実測値/4. 21m、樹高/約25m(目視)。
十一神社のホルトノキと拝殿
十一神社のホルトノキ】 緑の葉の中に、赤い葉が少しだけ混じるのがホルトノキの特徴です。
十一神社のホルトノキ
十一神社のホルトノキ】 なかなか大きな根をしています。
十一神社のホルトノキ
十一神社のホルトノキ】 樹高もありました。下の写真の根っ子もホルトノキのようです。
巨樹の伐採跡 ホルトノキ(?)の伐採跡
名称 : 十一神社のムク・ホルトノキ
所在地 : 兵庫県南あわじ市市円行寺247 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2018/1/18 十一神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 神戸淡路鳴門道・西淡三原ICから県道31号を南に1.2km、「志知」を左折し県道477号を東に3km、「西河橋西詰」を右折し1.4km、右折し200m。神社前に公民館の駐車場があります。
十一神社の創立年代は不詳ですが、貞享2年(1685年)に本殿を再建したとあります。祭神は国常立尊(クニトコタチノミコト)です。
 鳥居を入った左手には巨樹の伐採跡があり、ホルトノキだったようです。現在は拝殿に向かって右手にホルトノキが残されています。幹周を測ると4.21mありました。ホルトノキとしては大きい方ではないかと思います。本殿裏にもムクノキの巨樹があり、よく板根が発達しています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(牛頭天王社の楠・イヌマキ) (慶野松原)
     
兵庫県   ムクノキ    ホルトノキ    新日本名木100選
   
No.1574