(兵庫県川辺郡猪名川町) 更新:2013年2月(5)
(だいしどう) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

大師堂のモッコク
大師堂のモッコク】現地説明板では、幹周/2.85m、樹高/18m。漢字では「木斛(もっこく)」と書きます。
大師堂のネズ
大師堂のネズ】現地説明板によれば、幹周/2.4m、樹高/20m。漢字では「杜松(ねず)」 と書きます。
大師堂のモッコク・スギ
モッコクとその右のスギも「猪名川町の名木」に指定されています。
大師堂のモッコク
モッコクの枝振り。モッコクはツバキ科の常緑高木。
大師堂のネズ
ネズは大師堂への石段下にあります。苔むした参道が見えます。
説明板 ネズとモッコク
 の大木の説明板
大師堂 大師堂
名称 : 大師堂のネズ・モッコク
所在地 : 兵庫県川辺郡猪名川町清水 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2012/11/25 大師堂マップ
指定 : 兵庫県指定天然記念物 (S63年3月22日指定)
アクセス : 能勢電鉄・日生中央駅から阪急バスで「清水」下車、西に300m。
ネズとモッコクは共に珍しい樹木で、一緒に植えられているのも珍しいことです。約四百数十年前の大永年間(1521-27年)に植えられたと伝えられています。創建は戦国時代の大永二年(1522)年ですが、安永4〜5年(1775〜6)年頃に焼失し、同8(1779)年に再建されたといいます。
 大師堂は弘法大師を祀ったお堂で、清水集落の外れにあります。お堂に登る石段下にネズの木があり、石段を登った大師堂の前にモッコクの木があります。モッコクの右にはスギの巨木がそびえており、幹周はスギが最も大きいようですが、スギの巨樹は全国に多数あり、5m以上の幹周でないと巨樹扱いされない程です。大師堂の周りは昼なのに薄暗いので三脚を立てて撮影しました。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(赤後寺のスギ) (伊弉諾神宮の夫婦クス)
     
兵庫県 ネ ズ    モッコク 新日本名木100選
     
No.593