(兵庫県神河町) 更新:2018年10月(19)
(いちはら) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

市原神社のツクバネガシ
環境省巨樹巨木林DBによれば、最大樹は幹周/4. 50m、樹高/30m。樹齢400年。
市原神社のツクバネガシ
ほとんどのツクバネガシがナラ枯れ防止のために布が巻かれていました。
市原神社のツクバネガシ
幹の根元部に布が巻かれていないツクバネガシは1本だけでした。舞台横の最大樹も巻かれています。
市原神社のツクバネガシ
このツクバネガシは境内から出て少し登ると出会えます。
ツクバネガシ群生林説明板
ツクバネガシ群生林説明板
市原神社社殿 社殿
名称 : 市原神社のツクバネガシ
所在地 : 兵庫県神崎郡神河町長谷586 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2018/9/23 市原神社マップ
指定 : 神河町指定天然記念物 (H12年2月14日指定)
アクセス : JR播但線・長谷駅から西に約1km。 【車】播但連絡道・神崎南ICから県道8号を西に2.2km、寺前駅前を右折し県道404号を北に6.6km、「長谷ダム」の表示がある交差点を右折し県道39号線を西に600m、右折し100mで右折し細う道を300m。駐車場あり。
県道39号は長谷小学校で運動会が行われており、駐車の車でいっぱい。仕方なく山道を登り市原神社の境内傍に駐車。この市原神社には幹周2mを超すツクバネガシが8本あり、ツクバネガシ群生林として町の天然記念物に指定されています。
 ツクバネガシの語源は、枝の先端につく葉の様子が「つくばね(羽子板で突く羽根)」のように見えることからツクバネガシ(衝羽根樫)と名付けられたそうです。画像のようにナラ枯れ防止のために根元には布が巻かれており、写真としては残念な結果です。でも保存のためには致し方ないと思います。
 市原神社の祭神は天照皇大神(あまてらすおおみかみ)です。創立年代は不詳とのこと。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(大年神社の夫婦杉) (佐野邸の大イチョウ)
     
兵庫県  カ シ   新日本名木100選
   
No.1724