(京都府舞鶴市) 更新:2020年10月(7)
(たかた) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

高田神社のタブノキ
環境省巨樹巨木林DBでは、幹周/5. 04m、樹高/11m。
高田神社のタブノキ
大きな空洞の中からきではモミジの木が大きく成長してきています。紅葉が始まってますね。
高田神社のタブノキ
タブノキは本殿向かって左横にあります。上の画像では左端にあり灌木に根元が隠れています。
高田神社のケヤキ
これは境内にあったケヤキの巨木。幹周4mほどでしょうか。
高田神社のイチョウ
これはイチョウの木。 幹周実測値/3. 81m。巨樹といわれるのはまだまだこれからでしょう。
高田神社社殿
高田神社の鳥居と拝殿。
高田神社由緒
高田神社の由緒書き。
名称 : 高田神社のタブノキ
所在地 : 京都府舞鶴市上安899 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2020/9/21 高田神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 舞鶴若狭道・舞鶴西ICから国道27号を北に5.4km、「大手」を右折し1.8km。神社周辺には駐車できる場所がなく、JR舞鶴線の反対側にある集会所に駐車しました。
高田神社のすぐ北側をJR舞鶴線が走っています。高田神社の祭神は「建田背神」(たけだせのみこと)。市史によれば、丹波国造(くにのみやつこ)海部直(あまべのあたい)の祖神で、京都府北部支配者の先祖とのこと。
 延喜式神名帳に「加佐郡高田神社」とある由緒正しい神社です。。同社はもと伊佐津川に近い地に祀られていましたが、江戸時代の京極氏時代に洪水を避けるため現在地へ遷したとあります。
 境内は社叢をなしており、巨樹もありますが、タブノキが最も大きいようです。ただかなりの古木で、根元は大きな空洞になっており、中からモミジの木が伸びていました。
 境内にはケヤキの巨樹やイチョウの巨樹もありました。まだまだこれから大きくなろうという木々でした。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(千歳のタブノキ) (金峰神社のモミ)
     
京都府  タブノキ   新日本名木100選
     
No.2117