(京都市伏見区) 更新:2015年5月(14)
(みすじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

三栖神社のイチョウ
区民誇りの木のサイトによれば、幹周/4.25m、樹高/22.5m。
三栖神社のイチョウ
境内の参道右側にイチョウはあります。境内はイチョウの葉で覆われていました。
三栖神社のイチョウ
根元近くで4幹に分かれています。
三栖神社のイチョウ
イチョウは雄雌異株ですが、このイチョウは雌株です。
三栖神社のイチョウ
三栖神社社殿 三栖神社社殿
京都市指定保存樹 市保存樹指定標識
名称 : 三栖神社のイチョウ
所在地 : 京都市伏見区横大路下三栖城ノ前町83 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/11/30 三栖神社マップ
指定 : 京都市指定保存樹 (H18年3月3日指定)
アクセス : 京阪電車・中書島駅から西に約600m、徒歩10分。
三栖(みす)神社の祭神は天武天皇、熊野皇大神、八幡皇大神です。672年、大海人皇子(後の天武天皇)と大友皇子の間で皇位をめぐって壬申の乱が起こり、この乱の折に天武天皇が三栖の地を通過され、このときに村人が炬火(たいまつ)をともし歓迎したと言われています。毎年10月に行われる炬火祭(たいまつまつり)はこの伝説に由来しています。
 イチョウは京都市の保存樹に指定されており、幹周は4.5mほどですが、樹高22mの巨樹です。ちょうど黄葉が盛りを迎えようという時期でしたが、境内はすでに多くのイチョウの葉で黄色く埋め尽くされていました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(宮垣天満神社のイチョウ) (慧光寺のイチョウ)
     
京都府  イチョウ   新日本名木100選
     
No.1027