(京都府与謝野町)  更新:2014年11月(8)
(じんぐうじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

神宮寺のコウヤマキ
現地の説明板によれば、幹周/4.7m、樹高/30m。
神宮寺のコウヤマキ
コウヤマキの北側面には本堂の火事で焼けた跡が黒々と残ります。
神宮寺のコウヤマキ
枯れ枝が目立ちますが、それでも上の方では葉が付いています。焼け跡が痛ましい。
神宮寺のコウヤマキ
神宮寺のコウヤマキ 説明板
名称 : 神宮寺のコウヤマキ
所在地 : 京都府与謝郡与謝野町石川2376 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/9/12 神宮寺コウヤマキ マップ
指定 : 京都府指定天然記念物 (S61年4月15日指定)
      京都の自然200選
アクセス : 北近畿タンゴ鉄道・野田川駅から南東に約1.4km、徒歩約20分。
かっての神宮寺本堂は平成13年に火災により焼失してしまい、現在はふれあいホーム神宮寺という老人ホームになっています。コウヤマキの後方には粟島大明神がありその参道沿いに立っています。
 神宮寺本堂が焼失した時にこのコウヤマキも類焼しましたが、幸い枯死を免れました。しかし今もその時の焼け跡が黒々と残っています。枯れ枝もずいぶん多いのですが、それでも強い生命力を見せてくれています。
 京都の自然200選によれば、この巨木の歴史的起源は古く、鎌倉時代末期の1310年頃に近江石山寺の僧侶が石川神宮寺として再興して以来、地元では信仰の木としてあがめられ、神宮寺のご本尊が女性という言い伝えから、コウヤマキに手を触れて子宝の恵みを願うそうです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(権現さんの大椎) (酒戸古のエノキ)
     
京都府  コウヤマキ   新日本名木100選
     
No.896