(京都府南丹市) 更新:2006年9月(3)
(あさくらじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

朝倉神社の大杉
旧園部町千妻(せんづま)にある「朝倉神社の大スギ」です。「千妻の大スギ」とも呼ばれます。幹周/9.0m、樹高/30m。
朝倉神社の大杉
朝倉神社本殿と大スギ。古くから朝倉神社の御神木としてあがめられてきました。
朝倉神社の大杉

(上)大杉の根元部分。

(右上)JR山陰本線越しに見る大杉の樹冠。

(右下)「朝倉神社の大杉」説明板
朝倉神社の大杉遠景
朝倉神社の大杉・説明板
名称 : 朝倉神社の大杉
所在地 : 京都府南丹市園部町千妻岡崎7 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2006/4/30 朝倉神社マップ
指定 : 京都府指定天然記念物 (S59年4月14日指定)
      京都の自然200選
アクセス : JR山陰本線・船岡駅から西南に1km、徒歩約15分。 【車】京都縦貫自動車道・園部ICの出口すぐにある道の駅に車を置き徒歩10分。
朝倉神社の大杉は地上3mほどで2本に分かれています。1本の杉をわざわざ二つに割ったような感じです。その分岐点付近から根元にかけて少し腐朽が来ているようです。このスギには、珍ししいことに江戸時代に測定された記録が残されており、天保10年(1839年)当時は幹周が約4.6mだったことが知られています。160年余で倍の太さになったことが分かりました。「京都の自然200選」にも選ばれており、京都府を代表する杉の巨樹です。 
 京都縦貫道の園部インターチェンジを出ると直ぐ前に「道の駅・京都新光悦村」がありますのでそこに駐車し、歩いて10分ほどで朝倉神社に行くことができます。また、すぐそばをJR山陰本線が通っており、車窓からも大杉の樹冠を見ることができます。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(玉祖神社のクス) (城願寺のビャクシン)
     
京都府 ス ギ 新日本名木100選
     
No.45