(滋賀県大津市) 更新:2011年1月(5)
(わだじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

和田神社のイチョウ
イチョウの左にある説明板では、幹周/4.4m、樹高/24m、樹齢/約600年。
和田神社のイチョウ
背丈(樹高)が高い割に横への広がりがありません。かって枝が剪定されたのでしょうか。
和田神社のイチョウ
樹下にはベンチも設置されています。囲いでふさがれることもなく自由に触れことができます。
和田神社のイチョウ
和田神社本殿 和田神社のイチョウ・説明板
国指定重要文化財の本殿。  大津市指定文化財・天然記念物の説明板
名称 : 和田神社のイチョウ
所在地 : 滋賀県大津市木下町7-13 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2010/11/27 和田神社マップ
指定 : 大津市指定天然記念物 (S53年2月1日指定)
アクセス : 京阪電車石坂線・膳所本町駅で下車し徒歩5分
社伝によれば白鳳四年の創始とされ、持統天皇の686年頃には「元天皇社」あるいは「八大龍王社」とも称されていました。明治維新の時にこの地の湖岸が和田浜と呼ばれていたことから、現在の社名に改称されました
 和田神社のイチョウは、県下でも有数の大イチョウで、市の天然記念物に指定されています。多数の乳(気根)が垂れているようですが、葉っぱに邪魔されて写真ではよく分かりません。このイチョウには、関が原合戦に敗れた石田三成が伊吹山中で捕まり、京都に護送される途中小休止した際、このイチョウにつながれたという伝承があります。
 イチョウは、樹高があるものの、横の樹冠の広がりがないため非常にのっぽに見えます。境内にはケヤキの巨木もあります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(誓願寺のイブキ) (華階寺のイチョウ)
     
滋賀県 イチョウ 新日本名木100選
     
No.428