畑のしだれ桜  (滋賀県甲賀市) 更新:2008年7月(4)
(はた) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

畑のしだれ桜
「深堂の郷 都しだれ」の標識がある「畑のしだれ桜」。最大幹周/3. 76m、樹高/12m、樹齢/伝承400年。
畑のしだれ桜
しだれ桜はまだ五分咲きといったところですが、結構多くの見物客がありました。
畑のしだれ桜
畑のしだれ桜由緒
畑しだれ桜の由緒を記した説明板です。「徳川家康が江戸と京を往来する際、畑で休憩された所に桜を植えられた」というのがこのしだれ桜であると言う説から、樹齢400年とされていることが記されています。
畑のしだれ桜 畑のしだれ桜
名称 : 畑のしだれ桜
所在地 : 滋賀県甲賀市信楽町畑638付近 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/4/12 畑のしだれ桜マップ
指定 : 甲賀市指定天然記念物
アクセス : 信楽高原鐵道・信楽駅で下車し、コミュニティバスで約20分、畑で下車しすぐ。 【車】新名神高速・信楽ICから国道307号を5.4km、右折し県道12号を7km、三叉路を直進し400m。駐車場が公民館にありました。
 この桜は都(京都)原産といわれ、文献によれば平安後期平家滅亡の折、身寄りの人たちが都落ちの際、都をしのぶために桜を持ち帰り植えたといわれ、「都しだれ」とも言われているそうです。
 信楽町から山間の道を走りお昼頃小さな畑の集落に着きました。道路からもすぐに見上げられる位置に枝垂れ桜はありました。土曜日でしたが結構の人出で、見学者数をカウントしていた地元の方に聞くと私で約600人目で、今日は1000人を超えるだろうとの事。桜はまだ五分咲きでしたが、エドヒガンの枝垂れ桜を満喫しました。
 枝垂れ桜は根元からすぐに二本に分かれており、そのために枝に広がりがあり、見事な枝垂れです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(野神の大センダン) (国津神社のケヤキ)
     
滋賀県  サクラ   新日本名木100選
     
No.133