(三重県伊賀市) 更新:2015年12月(5)
(やくしじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

薬師寺のムクロジ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/3.55m、樹高/10m。
薬師寺のムクロジ
幹は空洞だらけで、いつ倒れてもおかしくない状態です。
薬師寺のムクロジ
樹皮だけで生きているようですが、それでも葉は結構あります。
薬師寺のムクロジ
小さな薬師堂の左横にムクロジの古木があります。
ムクロジの葉
薬師寺のムクロジ 説明板 薬師寺のムクロジ
 の説明板
 幹周3.43m
 樹高約10m
 県下最大
名称 : 薬師寺のムクロジ
所在地 : 三重県伊賀市馬田956 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/12 薬師寺マップ
指定 : 伊賀市指定天然記念物 (H11年1月21日指定)
アクセス : R関西本線・佐那具駅から三重交通「玉滝線」で「阿山支所前」下車北に約500m。 【車】名阪国道・壬生野ICより県道49号を北に約3km、馬場交差点から200mのサークルKの交差点を右折し200m。徒歩で100mほど登ります。
薬師寺は伊賀市馬田(ばた)にある小さなお寺です。道路脇に車を停め、坂道を50mほど登るとムクロジが見えてきます。お寺の由緒がお堂に貼り付けてありました。それによれば、「当庵は油尾山薬師と称し、薬師瑠璃如来を御本尊とし、十二神将と呼ばれる神々にに守護されており、外に愛染明王、青剛童子(庚申さん)、地蔵菩薩が合祀されている。‥‥当庵は天正伊賀の乱により焼却され、宝物文献ことごとく焼失したが、御本尊は油尾谷に避難し難を免れた。」とあります。
 ムクロジは伊賀の乱後に植えられたとされます。樹齢400年といわれ、幹は空洞だらけ。樹皮だけで生きているようです。畑仕事をされていた近所のおばあさんに聞くと、そう長生きできないことを見越しそばに後継樹を育てているとのこと。
 近くには「阿山小学校のセンダン」、「陽夫多神社のスギ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(諏訪神社の大杉) (府中神社のケヤキ)
     
三重県  ムクロジ   新日本名木100選
     
No.1118