松下社の大クス  (三重県伊勢市) 更新:2010年5月(7)
 (まつしたしゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

松下社の大クス
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/9.0m、樹高/12m。樹齢は説明板によると2000年とも。
松下社の大クス
神社の参道から写した大クス。
松下社の大クス
左が大クス、参道奥に見えるのが拝殿です。
松下社の大クス
空洞が大きな口を開けています。この右側には「民話の駅・蘇民」があります。
松下社社殿 松下社の大クス説明板
左側が拝殿、右が絵馬殿。 樹下の説明板。読めなくなった部分がある。
名称 : 松下社の大クス
所在地 : 三重県伊勢市二見町松下1346 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2010/5/1 松下社マップ
指定 : 三恵県指定天然記念物 (S12年11月10日指定)
アクセス : JR参宮線・松下駅から北東に500m、徒歩約15分。 【車】国道42号線で伊勢方面から夫婦岩から、民話の駅・蘇民を目標に。
松下社は国道42号線沿いにあり、素盞鳴尊(すさのおのみこと)、菅原道真、他1座を祀ります。松下地区の氏神で、加木牛頭天王社・御船社・蘇民の森ともいわれていますが、創設の年代は不明です。
 大クスは本殿への参道左手にあります。主幹には空洞が多くありますが、それでも葉をいっぱいに繁らせています。天然記念物の石碑がある西側は「民話の駅・蘇民」の駐車場になっています。このHPには蘇民将来(そみんしょうらい)について詳しい民話が掲載されています。
 蘇民将来の物語は「備後風土記」にあり、素戔嗚尊(牛頭天王)が貧乏だった蘇民の家に泊まったとされ、そのことがきっかけで裕福になったという物語です。厄除け祈願の「茅の輪神事」の由来譚として古くから各地で伝えられています。
 伊勢地方では正月の注連(しめ)飾りが一年中玄関に飾られており、その注連縄には「蘇民将来子孫家門」と書かれたお札が付けられています。これは悪いことがおこらないようにするおまじないなのです。とにかく伊勢は古い歴史がいっぱいの神話の国なのです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(清盛楠) (二見町西の大楠)
     
三重県 ク ス 新日本名木100選
     
No.350