(三重県御浜町) 更新:2016年1月(12)
(いちぎ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

市木のイブキ
現地説明板によれば、幹周/5.45m、根周/6.25m、樹高/約14m、推定樹齢/600年。
市木のイブキ
校舎建設のために根元が2m程かさ上げされたそうで、実際にはもっと幹周が大きいかも。
市木のイブキ
イブキは山側に大きく枝が伸びており、この位置から見ると馬頭のようにも見えました。
市木のイブキ
イブキの根元ですが、まだ下に幹が2メートルもあるのですね。
市木のイブキ
背後は市木保育所です。保護のため、イブキの周囲には大きく金網の柵がされていました。
説明板 説明板
名称 : 市木のイブキ 樹種 : ビャクシン
所在地 : 三重県南牟婁郡御浜町下市木2951 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/19 市木のイブキ マップ
指定 : 三重県指定天然記念物 (S28年5月7日指定)
アクセス : JR紀勢本線・紀伊市木駅から約400m、徒歩約5分。 【車】国道42号線・下市木交差点を西に折れ約300m。市木保育所の駐車場があります。
現地説明板によると、この地は、江戸時代・寛文年間(1661-73年)つくり酒屋で下市木の庄屋をつとめていた大久保宗悟の屋敷跡で、イブキはその庭園樹であったと伝えられています。
 明治末に小学校建設用地として寄贈され、整地のとき約2m嵩上げして埋め立てたので、イブキの実際の樹高は現在より3mほど高くなります。現在は近畿大学の所有地で、市木保育所の駐車場から入ることができます。
 幹に多少の腐朽が見られますが、均整のとれた美しい姿を呈しています。潮風の影響でしょうか山側に枝が大きく伸びています。三重県最大のビャクシンの巨樹とされています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(うばめ樫の木・体育文化会館) (引作の大クス)
     
三重県  ビャクシン   新日本名木100選
     
No.1145