(三重県桑名市) 更新:2015年11月(14)
(びろくのしんめいすぎ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

美鹿の明神スギ
現地説明板によれば、幹周/6.5m、樹高/30m、樹齢/860年(推定)。データは昭和18年のもの。
美鹿の神明杉
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6.75m、樹高/35m。(2000年のフォローアップデータ)
美鹿の神明杉
大杉の右が拝殿。境内には6本の大杉や楠の大木もあります。
美鹿の神明杉
保護のために根元部分には竹の囲いがしてありました。
美鹿の神明杉
美鹿の明神杉説明板 美鹿の
 神明杉
 説明板
名称 : 美鹿の神明杉
所在地 : 三重県桑名市多度町美鹿544 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/4 大杉神社マップ
指定 : 三重県指定天然記念物 (S18年4月22日指定)
アクセス : 【車】東名阪道・桑名ICから国道421号をいなべ方面に約10km、池ノ脇交差点を右折し県道5号を約4km行き、滝ヶ橋交差点を直進し1.5km。
美鹿の神明杉(びろくのしんめいすぎ)は大杉神社の境内にあります。大杉神社は美鹿地区の北端、集落の最も高いところにあり、神社までは非常に狭い道で駐車場がありませんので注意を。
 大杉の根元の周囲には保護のため竹の囲いがしてあり、根元の状況はよく分かりません。スギの前にある説明板によれば、根回り9m、幹周6.5m、樹高30mの巨樹ですが、このデータは今から70年以上前の昭和18年(1943年)天然記念物指定時のものです。
 古くから神の象徴として崇められており、社名の大杉神社もこのスギに由来しているといいます。大杉神社の主祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)で、古くは大杉神明宮と称していたので、神明杉と呼ばれたものでしょう。
 竹囲いでわかりにくいのですが、地上2.5mのところで主幹が大きく2つに分かれており、 枝張りは四方各5.5mに及びます。2本の杉の融合樹と思われますが、今でも樹勢は旺盛です。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(薬師寺の大楠) (照源寺の夫婦マツ)
     
三重県  ス ギ   新日本名木100選
     
No.1107