津島神社のイチョウ(御旅所跡)  (愛知県津島市)
(つしまじんじゃ) 更新:2008年12月(3)
巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

津島神社御旅所跡の大イチョウ
小高くなった丘の上に御旅所跡の大イチョウはあります。環境省のDBでは、幹周/5.41m、樹高/30m、推定樹齢/400年。
津島神社御旅所跡の大イチョウ
名鉄津島駅から津島神社に至る「天王通り」の北側に位置して立っています。
津島神社御旅所跡の大イチョウ 津島神社御旅所跡の大イチョウ
津島神社御旅所跡の大イチョウ  (左・上)天王通りの北側にある御旅所跡の大イチョウ。

 (下)「御神木」(御旅所跡)の立て札。
大イチョウの立て札
名称 : 津島神社のイチョウ(御旅所跡)
所在地 : 愛知県津島市馬場町 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/11/22 津島神社マップ
指定 : 愛知県指定天然記念物 (S43年11月4日指定)
アクセス : 名鉄尾西線・津島駅から西に徒歩15分。
津島神社・御旅所跡の大イチョウは、名鉄津島駅から津島神社に向かう天王通りに面して立っています。上の写真の「御神木」説明板によれば、この地は昔天王川の堤防に当たり、かって津島神社の御旅所があったところだそうです。「植物学の権威者・梅村甚太郎博士はこのイチョウを見て、雄の木は実(ギンナンの実)がならないので成木になる前に大抵は切り倒されてしまうが、この木は御旅所地内にあったために神木として崇められ今日に至ったものとされ、雄の木としては珍しく県下でも第一等であるから天然記念物として保護するべきであると語られた。」と説明板には記されています。
 津島神社の東鳥居から天王通りを東に50m行くとこの大イチョウに出会えます。小高い丘のようになっている場所にあり、御神木として大事に保護されており、前回紹介の東鳥居そばの大イチョウと共に「津島神社のイチョウ(2樹)」として愛知県の天然記念物に指定されています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(津島神社のイチョウ) (立木神社のウラジロガシ)
     
愛知県 イチョウ 新日本名木100選
     
No.181