(愛知県津島市) 更新:2008年12月(2)
(つしまじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

津島神社のイチョウ
ちょうど紅葉が盛りの「津島神社の大イチョウ」。環境省巨樹巨木林DBでは、幹周/5.3m、樹高/25m、樹齢/推定600年。
津島神社のイチョウ
津島神社の東鳥居脇にある大イチョウ。周りが駐車場と道路で、若干窮屈そう。
津島神社のイチョウ
余り大きくはないのですが多数の乳(にゅう:気根のことです)が垂れています。
津島神社楼門

津島神社のイチョウ
津島神社のイチョウ
 ●(上)津島神社のイチョウの幹部分
 ●
(左上)津島神社の楼門(重文)
 ●(左下)東鳥居と大イチョウ。鳥居の向こう側の
   屋根の上に黄色く見えるのが御旅所跡の大イチョウ。
名称 : 津島神社のイチョウ
所在地 : 愛知県津島市神明町1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/11/22 津島神社マップ
指定 : 愛知県指定天然記念物 (S43年11月4日指定)
アクセス : 名鉄尾西線・津島駅から西に徒歩15分。
津島神社は、古くは津島牛頭天王社といわれ、現在でも『津島の天王さま』として、尾張地方はもちろん中部地方をはじめ、遠く東北や関東の人々にも「津島さん」「天王さま」と呼ばれて崇敬されています。祭神は、建速須佐之男命で、相殿には須佐之男命の御子である大穴牟遅命(おおむなちのみこと)が祀られています。社伝によると欽明天皇元年(540年)の鎮座と伝えられており、とても古い歴史のある神社です。また津島神社・天王社として全国に三千社以上の摂社・末社を持ちます。
 県の天然記念物に指定された「津島神社のイチョウ」は2本あり、境内の東鳥居のそばにある大イチョウ(ここで紹介のイチョウ)と東参道を50mほど東に行ったところにある「御旅所跡の大イチョウ」が該当します。イチョウの周囲は駐車場になっており、周囲を石垣と柵で囲まれてはいるものの、ちょっと窮屈な状況です。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(敷地の大クス) (津島神社の大イチョウ/御旅所跡)
     
愛知県 イチョウ 新日本名木100選
     
No.180