(岐阜県白川町) 更新:2019年6月(5)
(みとの) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

水戸野のシダレザクラ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/3. 15m、樹高/15m。
水戸野のシダレザクラ
説明板では、幹周/3. 6m、樹高/15m、樹齢/約400年。
水戸野のシダレザクラ
お天気が曇り空で、あまり桜の色がさえなかったのは残念でした。
水戸野のシダレザクラ
シダレザクラの山手から写すと根元には大きな空洞が見えます。
水戸野のシダレザクラ
元庄屋家の跡に立っており、周囲は白川茶の茶畑。道路沿いには黄色い水仙が植えられています。
水戸野のシダレザクラ説明板
名称 : 水戸野のシダレザクラ 樹種 : エドヒガンの枝垂れ
所在地 :  岐阜県加茂郡白川町水戸野290 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2019/4/12 水戸野のシダレザクラ マップ
指定 : 岐阜県指定天然記念物 (S42年6月14日指定)
アクセス : 【車】東海環状道・美濃加茂ICから国道41号を北東に23.5km、「白川口」を右折し県道62号を5.2km、右折し500m。駐車場あり。
県道62号に入ると「水戸野のシダレザクラ」と書かれた旗が次々と道路脇にあり現地まで途切れることがありませんので、開花時は迷うことなく古の枝垂れ桜に行くことができます。
 「水戸野のシダレザクラ」は元水戸野庄屋・渡辺家にあった彼岸桜で、毎年4月中旬に開花します。昭和42年に県の天然記念物に指定されましたが、誰にも見向きもされず一度は枯れかけていましたが、地元の人達の手当てにより、新しい幹が増えるなど元気を取り戻しました。
 そして平成18年には、中学校で使われていた古い水銀灯を使用し、見事な夜桜を披露できるようになりました。次第に人気が高まり、今では多くの観光客が訪れる白川町の名所となりました。
 訪問した日は満開を若干過ぎていたようですが、それでも枝の先まで花が咲いていました。シダレザクラの周囲にはお茶畑が広がっており、ここは美濃白川茶の産地としても有名です。
 美濃白川茶(しらかわちゃ)は、白川町と東白川村を中心に栽培されるお茶で、東白川村が発祥地です。伝承では、室町時代、蟠龍寺(今はありません)の住職が、茶の苗を京都の宇治から持って帰り、村人に栽培を広めたのが白川茶の始まりといわれています。
 海抜400~600mと高い標高に位置する白川の茶園では、新芽が育つ4月~5月頃の昼夜の温度差が大きく、葉がゆっくりと成長する上、朝、川から立ち上る霧がベールとなって葉の乾燥を防ぐため、質の良いお茶が育つそうです。
 近くには「水戸野のオオカキ」、「広野の大カヤ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(造幣局の桜の通り抜け/9) (水戸野のオオカキ)
     
岐阜県  サクラ   新日本名木100選
No.1880