(岐阜県下呂市) 更新:2019年6月(11)
(はねはくさん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

羽根白山のサクラ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/3. 70m、樹高/15m。樹齢/500年。
羽根白山のサクラ
根元に雪の重みで折れた枝が見えます。
羽根白山のサクラ
手前と奥の桜が囲われています。
羽根白山の桜
羽根白山の桜のクローズアップ。エドヒガンザクラです。
羽根白山のサクラ
羽根白山のサクラ
白山公園と桜 説明板
「白山公園と桜」の説明板。
名称 : 羽根白山のサクラ 樹種 : エドヒガンザクラ
所在地 :  岐阜県下呂市萩原町羽根504 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2019/4/12 羽根白山のサクラ マップ
指定 : 岐阜県指定天然記念物 (S45年8月11日指定)
アクセス : 【車】下呂温泉の国道41号「森」交差点から国道を北に10.5km、「飛騨川大橋」を左折し400m、右折し北に500m。
国道41号線の飛騨川大橋交差点を左折し飛騨川を渡り右折すると「羽根白山公園」という小さな公園があり、県指定天然記念物の「羽根白山のサクラ」があります。
 推定樹齢500年の江戸彼岸桜で、この地区の人達は昔から桜の蕾の数に因って農作物の吉凶を占う「世の中桜」と呼んだそうです。又、樹形により男女の良縁が叶えられるとの伝説もあり、叶桜(かなえさくら)とも称されています。
 白山公園にはかつて白山神社がありました。創建された時期は不明ですが、、「羽根野開拓」の頃と伝えられています。「白山社は、天文5年丙申(1536年)、益田川の大洪水によって流失し、字丸島にあった八幡社とともに宮谷神明宮に合祀され、三社大神と称した」という古文書の記述があることから、今から約480年以上前まで遡ることは確かです。
 かってあった三本のうち一本は枯れて、現在では二本となっています。サクラを訪問した2日前に春の大雪があり、その雪の重みで大枝が折れて落下していました。花が咲いた状態で落下しており、非常にかわいそうでした。
 近くには「薬師様のサクラ」、「龍泉寺のカヤ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(宮谷神明神社の夫婦スギ) (龍泉寺のカヤ)
     
岐阜県  サクラ   新日本名木100選
No.1886