(福井県おおい町) 更新:2016年3月(8)
(しずし) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

静志神社のスダジイ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6. 66m、樹高/15m。
静志神社のスダジイ
スダジイの前には「おおい町指定天然記念物 すだじい」と彫られた石柱が立っています。
静志神社のスダジイ
神社の取りを入ったらすぐにスダジイの巨樹があります。まーるく石で囲われています。
静志神社のスダジイ
静志神社のスダジイ(2)、(3)
境内の南の端にも2本のスダジイの古木があります。
静志神社のスダジイ
上の写真の左側(東側)のスダジイですが、大枝が折れています。
静志神社社殿 静志神社拝殿
名称 : 静志神社のスダジイ
所在地 : 福井県大飯郡おおい町父子46-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/11/12 静志神社マップ
指定 : おおい町指定天然記念物 (H9年4月21日指定)
アクセス : 【車】舞鶴若狭道・大飯高浜ICから県道16号を0.6km、左折し県道1号を東に4km、「父子」の交差点を右折、南に1.4km。高速道路の手前です。
県道1号線の「父子(ちちし)」の交差点を南に折れて、しばらく行くと舞鶴若狭道の高架橋が見えます。その手前に静志神社が鎮座します。主祭神は少名毘古名神(すくなひこなのかみ)で、体の小さい神で、大国主神と協力して国づくりを行ったと古事記にあります。おとぎ話に出てくる一寸法師のと祖型とされます。
 福井県の公式サイト「ふくいの巨木」によると
 「社殿の左前方にスダジイの巨樹があり、しめ縄が張られ大切に保管されてい る事が窺える。この木は、根上がりのシイで樹尖端近くは枯れているが、樹勢 はそう衰えていない。ノキシノブ、テイカカズラ等が樹木にまつわり着き、地上に現れている根と根の間にはホソバニセジュズネノキが生えている。境内のスダジイの古木、倒木を見ると、以前はうっそうとしたスダジイの森 であった事が容易に想像できる。」
 とあります。石でスダジイを丸く囲んであり、大切にされているようです。さらに境内を散策すると、南東端にもスダジイの古木2本がありましたが、大枝が倒れていたり、空洞があったりして、かなり痛んでいます。
 舞鶴若狭道が全通し、大阪や名古屋方面から非常に行きやすくなりました。近くには「依居神社のモミの木」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(杉森神社のオハツキイチョウ) (依居神社のモミの木)
     
福井県   シ イ    新日本名木100選
   
No.1186