(福井県若狭町) 更新:2014年9月(12)
(ひめみやごぜん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

姫宮御前のタブノキ
福井県農林水産部のサイト「ふくいの名木マップ」によれば、幹周/6.53m、樹高/20m。
姫宮御前のタブノキ
小祠の後ろから写しました。根元にはもう1本樹木があった名残が。
姫宮御前のタブノキ
主幹は地上2m程で大きく3本に分岐しています。
姫宮御前のタブノキ
祠とその後ろのタブノキ。
姫宮御前のタブノキ
名称 : 姫宮御前のタブノキ
所在地 : 福井県三方上中郡若狭町田井17-9-2 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/30 姫宮御前のタブノキ マップ
指定 : 若狭町指定天然記念物 (H4年10月12日指定)
アクセス : JR小浜線・三方駅から若狭町営バス「常神」行きで「田井野」で下車、南西に約400m。 【車】舞鶴若狭道・若狭三方ICから国道162号を経て田井野で左折し400m。
三方五湖の一つ「三方湖」の南岸を走る国道162号線から少し小道を南に入ったところ、集落の中に姫宮御前のタブノキはありました。家と家の間にありわかりにくいところです。
 タブノキの前には小祠が祀られており、背後のタブノキの主幹は、樹高2〜7mのところでさらに3本に分かれています。結構枝葉が茂っていますが、根元を見ると腐朽が進んでいるようです。若狭町の天然記念物に指定されていますが、案内表示や説明板はありません。近くには国津神社のムクノキがあります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(全昌院のタブノキ) (宝徳寺のラカンマキ)
     
福井県 タブノキ 新日本名木100選
     
No.860