(石川県金沢市) 更新:2013年6月(8) 
(かなざわじょう)  巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

金沢城・本丸園地のスダジイ
金沢城公園本丸園地に立つスダジイの巨樹。幹周/3.9mの情報がありました。
金沢城本丸園地のスダジイ
遊歩道に沿ってスダジイはあります。向こうに行くと戌亥櫓跡に行くことができます。
金沢城本丸園地のスダジイ
周囲から多くの支柱により枝が支えられています。雪の重みもあるのでしょう。
金沢城・藩政時代のタブノキ
「藩政時代のタブノキ」 : 鶴丸休憩所の裏にあります。
金沢城石川門
石川門】国重文で江戸時代の建築物。海鼠塀が特徴です。
金沢城
名称 : 金沢城公園のスダジイ
所在地 : 石川県金沢市丸の内 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/4/27 金沢城公園マップ
指定 : なし
アクセス : JR北陸本線・金沢駅東口よりバスに乗り、広坂バス停(石浦神社前)下車、徒歩8分。
金沢城は、天正11年(1583年)に戦国大名の前田利家が入城し、以後明治2年(1869)まで加賀藩百万石・前田家14代の居城となりました。宝暦9年(1759年)の火災で城のほとんどを焼失しましたが、その後に建てられた石川門などが残り、国の重要文化財に指定されています。櫓や門に特徴的なのは「海鼠(なまこ)壁」と屋根に「白い鉛瓦」が葺かれていること。私の住む大阪市の大阪城とはずいぶん違った外観です。
 城内は明治以後は軍事施設が置かれており、戦後は金沢大学が入り、平成7年(1995年)まで大学のキャンパスとして利用されていました。
 さて、お目当てはお城ではなく金沢城公園のスダジイですので、お城の南側にある本丸園地に向かいます。ここは大学時代は理学部の附属植物園になっていたそうで、途中に「藩政時代のタブノキ」がありました。
 本丸園地は鬱蒼(うっそう)とした樹林で、モミ・タカオカエデ・ブナ・エノキ・ハナノキ・ウラジロガシなど500種類に及ぶ植物が見られるそうです。その中でも最も目につくのがこの「金沢城公園のスダジイ」で、遊歩道沿いにあるのでとても目につきやすい巨樹です。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(本多の森公園のケヤキ) (兼六園菊桜)
     
石川県 シ イ 新日本名木100選
     
No.631