(東京都世田谷区 ) 更新:2010年7月(9)
(くほんぶつ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

九品仏のカヤ
【九品仏のカヤ】本堂と三仏堂の間の中庭にあり、幹周/5.4m、樹高/26.5m、樹齢/推定700年。
九品仏のカヤ
【九品仏のカヤ】本堂方向から見たカヤ。背景は中品堂で樹叢を守るため庭には立入が禁止されています。
九品仏のカヤ
【九品仏のカヤ】仰ぎ見たカヤの木。3m程の所で二又に分かれています。
九品仏のカヤ 九品仏のイチョウ
【九品仏のカヤ】  【九品仏のイチョウ】後方は本堂。
九品仏のイチョウ
【九品仏のイチョウ】本堂に行く手前にあり、幹周/4.4m、樹高/17.9m。
九品仏のイチョウ

【九品仏のイチョウ】(上)イチョウの全景

(右上)浄真寺(九品仏)の本堂
(右下)浄真寺(九品仏)の三仏堂。
  中品堂・上品堂・下品堂が一列に並びます。
浄真寺本堂
三仏堂
名称 : 九品仏のカヤ、九品仏のイチョウ
浄真寺(九品仏)の所在地 : 東京都世田谷区奥沢7-41-3 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2010/6/17 浄真寺(九品仏)マップ
指定 : 東京都指定天然記念物
       (カヤ:S27年11月3日指定、イチョウ:S38年3月19日指定)
アクセス : 東急大井町線・九品仏駅下車すぐ。
浄真寺は浄土宗に属する寺院で、通称「九品仏(くほんぶつ)」と呼ばれます。江戸時代中期の元禄11年(1698)、珂碩(かせき)上人が奥沢城跡に完成させた浄土宗の巨刹です。
 芝増上寺の別院で、境内に上品堂、中品堂、下品堂の3堂が並び、それぞれに3体ずつ阿弥陀如来像が納められているので、九品仏と呼ばれます。よく似た例としては、京都府木津川市にある浄瑠璃寺(じょうるりじ)にも阿弥陀如来像九体(国宝)があり、別名で九体寺とも呼ばれています。
 仁王門入ると都内とは思えない鬱蒼とした樹叢がありました。カヤは三仏堂の前にあり東京都では最大のカヤといわれています。いちょうは本堂脇にあり、整備された庭園の一角にあります。カヤとイチョウはいずれも東京都の天然記念物に指定されています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(縣神社のムクノキ) (明通寺のカヤ)
     
東京都 カ ヤ   イチョウ 新日本名木100選
     
No.372