(徳島県美馬市) 更新:2011年6月(4)
(わきまちかすが) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

脇町春日神社のクスノキ
境内の境目も分からない春日神社の楠。環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/7.50m、樹高/18m
脇町春日神社のクスノキ
吉野川の平野にあり見通しがよい。でも県道の工事が横で進んでいます。
脇町春日神社のクスノキ
幹周7mを超す巨樹で、空洞などの痛みが見られません。
脇町春日神社のクスノキ
春日神社の社殿とムクノキ(幹周/4.76m、樹高/13m)と右奥にクスノキ。
名称 : 脇町春日神社のクスノキ
所在地 : 徳島県美馬市脇町字拝原1930 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2011/4/30 脇町春日神社マップ
指定 : なし
アクセス : JR徳島線・穴吹駅から北東に約2km、徒歩約30分。
車で美馬市脇町方面から県道12号(撫養街道ともいう)を東に走り、国道193号線の交差点を過ぎた当たりを右折すると、建設中の12号線のバイパスが見えます。その向こうに見える大きな木が春日神社のクスノキです。春日神社は数が多いので地域の名称「脇町」を付しました。
 春日神社はかなり古びた社殿で、境内の境目もはっきりしません。鳥居の扁額には「春日社」とありました。社殿前にはムクノキもありますが、今にも倒れそう。それに対してクスノキは非常に健康で、まったく痛みがない状態です。
 周囲は見晴らしがよい平野でこれからも大きくなりそうですが、バイパスはちょっと心配ですね。近くには「八大龍王神社のクス」と「金刀比羅神社のエノキ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(八大龍王神社のクス) (金刀比羅神社のエノキ)
     
徳島県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.457