(徳島県神山町) 更新:2014年8月(12)
(わかみや) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

若宮神社のムクノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5. 66m、樹高/17m。後方にはアラカシの巨樹が見えます。
若宮神社のムクノキ
幹には小さな瘤がいっぱい、根元は少し腐朽が進んでいます。
若宮神社のムクノキ
ムクの根元ですが、空洞は相当大きいのかも。背後はエノキの残骸。
若宮神社のムクノキ
折れた枝もありますが、古木の風格が。
若宮神社のアラカシ
アラカシの巨樹。環境省巨樹巨木林DBのよれば、幹周/3. 35m、樹高/17m。
若宮神社社殿
拝殿前にあった2本のエノキの巨樹はすっかり崩壊していました。その痕跡が残ります。
名称 : 若宮神社のムクノキ
所在地 : 徳島県名西郡神山町神領字北81 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/16 若宮神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR徳島駅前から徳島バス・佐那河内又は神山線「神山高校前」行きに乗り、「寄井中」で下車し徒歩3分。 【車】国道438号の県道20号との分岐から西に1.8km。
境内に入ると拝殿前にあった2本のエノキの巨木の残骸が目に入りました。跡形も無く崩壊していました。訪問対象のムクノキは社殿のむらって右側にあり、樹の前には石塔が2基置かれています。ムクノキは崇拝の対象だったのでしょう。
 ムクノキの巨樹はいっぱい小さな瘤をつけており、いかにも古木といった雰囲気ですが、腐朽も進んでおり、どうやら空洞があるようです。
 ムクノキの後方にはアラカシの巨樹があり、「イン神山」のHPによれば幹周が3.48mで、神山町で3番目の太さのアラカシとのこと。「イン神山」のウエブサイトには神山町の情報が満載で、有り難い情報サイトです。
 若宮神社の主祭神は仁徳天皇で、本殿、幣殿、拝殿を持っています。若宮神社は町役場に近く、神山町の中心地にあります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(本上角八幡神社のイチイガシ) (辰の宮の大クス)
     
徳島県  ムクノキ   新日本名木100選
     
No.840