(大阪市鶴見区 ) 更新:2008年12月(5)
(あちはやお) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

阿遅速雄神社のクス
半分以上が枯れたために樹脂で補修がされています。説明板によれば、幹周/約6m、樹高/16m。
阿遅速雄神社のクス
2本の主幹共に途中で切られているのが分かります。それでも葉をいっぱいつけています。
阿遅速雄神社のクス

(右上)大クスは鳥居のすぐそばにあります。

(右下)阿遅速雄神社の本殿。
阿遅速雄神社のクス
阿遅速雄神社
名称 : 阿遅速雄神社のクス
所在地 : 大阪市鶴見区放出東3丁目31−18 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/3/2 阿遅速雄神社マップ
指定 : 大阪府指定天然記念物 (S45年2月20日指定)
アクセス : JR学研都市線・放出駅から北東へ徒歩3分。
阿遅速雄(あちはやお)神社は八剣宮ともいい、延喜式内社に列する名社です。大楠は神社の入口右側にあり、主幹がばっさりと切られてます。これは大正時代に落雷にあって三分の一だけが生き残り、枯れた部分を樹脂で補修したものです。
 境内の由緒書きでは、天智天皇四年(668年)、新羅(しらぎ)の僧が、熱田の宮に鎮まっていた「草薙(くさなぎ)の剣」を盗み出し本国に逃げ帰る途中、難波の津で大嵐に遭ったため、「神罰なり」と剣を川中に放り出して逃げたのだそうです。だから、この地を、「放出(はなてん)」と言うのだとか。この後、草薙の剣は、一旦、この阿遅速雄神社にとどまった後、熱田神宮に返還されたのだそうです。
 鳥居の右側にお蔭灯篭(慶応4年銘−1868年)1基があります。江戸時代、ほぼ60年周期で伊勢神宮への「お陰参り」が爆発的に流行しましたが、その街道筋に残る大阪市内では唯一の灯籠です。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(立木神社のウラジロガシ) (天川命神社のイチョウ)
     
大阪府 クスノキ 新日本名木100選
     
No.183