(京都府亀岡市) 更新:2007年5月(4)
(おおうちじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

大内神社の大スギ
亀岡の名木「大内神社の大スギ」説明板では、幹周/8.03m、樹高/36m。
大内神社の大スギ
すっきりした樹形なので太さを感じさせませんが、根元は8mの幹周を誇ります。
大内神社の大スギ 大内神社の大スギ
山側から撮影すると落雷時の裂け目が見えます。 亀岡の名木の説明板がある正面から。
大内神社の大スギ 亀岡の古木・説明板
 ●(上)亀岡の名木の説明板
 ●
(左)大スギの全体写真。
 ●(下)幹周を実測すると8.10m。
幹周測定
名称 : 大内神社の大スギ
所在地 : 京都府亀岡市東本梅町大内上条18 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/4/29 大内神社マップ
指定 : 亀岡の名木
アクセス : JR山陰本線・亀岡駅から京阪京都バス・八田経由園部駅行きで「赤熊」下車、北へ徒歩約30分。
大内神社の祭神は八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)。大国主神の子供で国譲り神話に登場します。大内集落の北側には宝亀五年(774年)創建の古刹・楽音寺があり、江戸時代はこの寺の管理下にあったようです。
 大スギは根元から10m程は枝もなく非常にすっきりしていますが、山側(北側)に回ると大きな裂け目が目につきます。この裂け目は、1980年の落雷によるもので、そのとき火災が発生しこの裂け目から放水して消火したとのこと。今はコンクリートで覆われています。凹凸もなく測定しやすそうなので、試しに巻尺で幹周を測ってみました。地上から1.3m、「目通し」と呼ばれている位置で測定すると「8.10m」でした。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(水越神社のスギ) (妙国寺のソテツ)
     
京都府 ス ギ 新日本名木100選
     
No.73