(滋賀県東近江市) 更新:2016年2月(2)
(やまのかみ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

山の神のムクノキ
現地保護樹木説明板によれば、幹周/5.74m、樹高/29m、推定樹齢/600年(伝承1500年)。
山の神のムクノキ
周りを水田に囲まれて、ぽつんと森があります。
山の神のムクノキ
このムクノキは山の神として崇められています。
山の神のムクノキ
ムクノキの右下には石造の男根が。子宝の神様の象徴ですかね。
山の神のムクノキ
山の神のムクノキ
田んぼの中に小島のように社叢の緑が浮かんでいました。
市保護樹木説明板 市保護樹木
 説明板
縁起書 小八木山の神
 縁起書(拡大
名称 : 山の神のムクノキ
所在地 : 滋賀県東近江市小八木町 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/11/1 山の神のムクノキ マップ
指定 : 東近江市指定保護樹木 (H21年1月指定)
アクセス : JR能登川駅から近江鉄道バス・角能線で「小八木」下車、西に約600m、徒歩12分。 【車】名神高速・湖東三山ICから国道307号を南に1.4km、祇園交差点を右折し750m行き左折し約200mで着きます。
東近江市の東北部、小八木集落の東の田園地帯の中に、小島のようにこんもりとした樹叢があります。ここが小八木山の神のムクノキです。
 大昔、神社や仏閣ができる以前は、大きな樹木や大きな岩を神として崇め、信仰の中心としていたといわれます。山の神は山神社とも称し、ほとんどの山村で祀られていたもので、祭礼には木の股で男女の像に似たものを造り、供物とする風習があったことが「近江愛知郡志」に記されています。
 小八木山の神は、ムクノキの巨木に聖なるものを感じ、神を見て幸せを願い、子孫繁栄・五穀豊穣・家業繁昌を祈ったものと思われます。現在は、ムクノキの根元の瘤が男根を思わすことから、子宝の神様として信仰を集めています。そのためか竹矢来の前には石造の男根が置かれていました。(ちょっとどきっとしますね)
 「やまのかみ」の言葉から、縁起に次の文章が記されていました。
 「や(子供)欲しと  こと心に  ぞみなば  ならず神は  子を授けむ」
 200mほど西の県道沿いには「小八木町 県道のムクノキ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(苗村神社のツブラジイ・ケヤキ) (小八木町 県道のムクノキ)
     
滋賀県  ムクノキ   新日本名木100選
     
No.1160