(滋賀県大津市)  更新:2015年11月(3)
(きど・じゅげ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

木戸樹下神社のムクロジ
ウエブサイト「淡海の巨木資料館」によれば、幹周/3.70m、樹高/25m。
木戸樹下神社のムクロジ
幹周を実測すると4.02mでした。根元は盛り土されています。左上に瘤(コブ)が。
木戸樹下神社のムクロジ
木戸樹下神社のヤマザクラ
木戸樹下神社のヤマザクラ】 本殿への参道左側にあるヤマザクラの巨樹。秋で花はありません。
木戸樹下神社のヤマザクラ
木戸樹下神社のヤマザクラ】 「滋賀の巨木めぐり」によれば、幹周/4.1m、樹高/20m。
木戸樹下神社 拝殿と本殿
名称 : 木戸・樹下神社のムクロジ
所在地 : 滋賀県大津市木戸680-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/9/27 木戸樹下神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR湖西線・志賀駅から西に約600m、徒歩約15分。 【車】湖西道路・志賀ICから琵琶湖方面に約800mの志賀駅口を右折、600m先の大津市木戸交差点を右折し約200mで神社前に着きます。
樹下神社は蓬莱山の山麓にあり、ロープウエイで登ればびわ湖バレースキー場があります。若い頃に何度かスキーに来ました。さほど長いコースはないのですが、大阪から日帰りで来られるので。でもやはり長野の志賀高原や栂池、八方が雪質も設備もコースもよかったですね。
 樹下神社はこの旧志賀町に3箇所あり、いずれも日吉山王の分霊社です。この木戸の樹下神社は、ご祭神として玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀ります。木戸樹下神社の創始は不明ですが、正平3年(1348年)木戸城主・佐野豊賢により創建されたと伝わります。その後荒廃しましたが、天正6年(1578年)に当時の木戸城主・佐野秀方により再建され、日吉大社より樹下大神を十禅師権現として再勧請しました。その後、明治初年に現在の樹下神社に改称しています。
 境内にはムクロジの他にもヤマザクラの巨樹があり、春には山桜の花を見ることができます。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(小野神社のムクロジ) (南比良・樹下神社のスダジイ)
     
滋賀県  ムクロジ   新日本名木100選
     
No.1096