(三重県鈴鹿市) 更新:2019年9月(19)
(つばきおおかみやしろ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

椿大神社のモミ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4. 27m、樹高/35m。
椿大神社のモミ
椿大神社入口の第一鳥居の奥に大きなモミの木があります。
椿大神社のモミ
幹周4.3mほどですが、結構樹高があります。
椿大神社のモミ
モミの前には「庚龍神社」が祀られています。龍神がモミに宿ったという言い伝えがあるそうです。
椿大神社拝殿 椿大神社拝殿
庚龍神社説明板 庚龍神社説明板
名称 : 椿大神社のモミ
所在地 :  三重県鈴鹿市山本町1871 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2019/6/13 椿大神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 【車】新名神高速・鈴鹿SAスマートICから南に350m、右折し1.4km。駐車場あり。
駐車場から参道を進むと、第1鳥居と左に社号標があり、鳥居をくぐるとモミの巨木があり、樹下には庚龍神社(かのえりゅうじんじゃ)が祀られています。樹齢400年と伝えられる樅(モミ)の木に龍神が宿り、神域全般を守ったという伝承があるそうです。
 椿大神社は「つばきおおかみやしろ」と読み、主祭神として猿田彦大神を祀ります。垂仁天皇27年秋(紀元前3年)、倭姫命の御神託により、この地に「道別大神の社」として社殿が奉斎された日本最古の神社です。
 猿田彦大神は、天孫降臨神話で瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の道案内をしたとされています。また修験道の中心地としても栄え、現宮司は役小角(えんのおずぬ)の末裔であると言われています。獅子舞発祥の地とされ、吉備真備の奉納した獅子頭が現存しています。
 神社境内は宏大で、多くの木々に被われており、森閑としています。これほどの規模の神社とは思いませんでした。新名神高速が近くを通り、鈴鹿SAスマートインターチェンジから10分ほどで行けるようになりました。駐車場、食堂なども完備しており、多くの参拝客を集めることでしょう。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(三日市町霊苑のタブノキ) (中山寺のモッコク)
     
三重県  モ ミ    新日本名木100選
     
No.1954