(三重県松阪市) 更新:2016年4月(15)
(しゅんこくじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

春谷寺のエドヒガン桜
現地説明板Bによれば、幹周/3.93m、樹高/12m、樹齢/推定400年。
春谷寺のエドヒガン桜
幹に空洞がありますが、平成7年に修復したそうです。
春谷寺のエドヒガン桜
左の建物が本堂。サクラの周囲には石仏も並んでいました。
春谷寺のエドヒガン桜
天然記念物の古桜以外にも周囲に多くのサクラが植えられています。
春谷寺のエドヒガン桜
桜の種類はエドヒガンザクラです。
春谷寺のエドヒガン桜
春谷寺のエドヒガン桜
春谷寺のエドヒガン桜説明板 説明板
名称 : 春谷寺のエドヒガン桜
所在地 : 三重県松阪市飯南町向粥見274 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/3/29 春谷寺マップ
指定 : 松阪市指定天然記念物 (H8年12月11日指定)
アクセス : JR又は近鉄・松阪駅から三交バスで、「スメール」か「道の駅飯高駅」行きで「飯南高校前」下車、南に1.2km、徒歩20分。  【車】伊勢道・松阪ICから国道368号を西に約12km、粥見井尻交差点を左折し国道166号を2.6km行き左折、1.3km。駐車場があります。
通称「青年桜」と呼ばれるそうです。櫛田川をはさんで、ハナノキで紹介した飯南高校の川向いには、波留(はる)と呼ばれる40戸ほどの集落があり、山すそにはひなびた本堂をもつ春谷寺が建っています。
 「三重の巨樹古木」のサイトによれば、お寺の記録は焼失していますが、本尊の厨子は飯南町内では最も古く、創建は明暦2年(1656年)と推定されるとのこと。
 訪問した日にサクラが満開になったという地元の方のお話でした。幹の太さに比べると枝が少なく、切られた箇所も多く見られますが、それでもいっぱい花をつけていました。地元では、周囲にも同じ種類のエドヒガンを植えて華やかさを引き立ててくれています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(飯南高校のハナノキ) (宗林寺のしだれ桜)
     
三重県  サクラ   新日本名木100選
   
No.1213