(福井県高浜町) 更新:2016年3月(6)
(べんてんどう) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

弁天堂のタモ
現地説明板によれば、幹周/4.90m、樹高/7.05m。「タモ」はタブノキの別称です。
弁天堂のタモ
左の建物は正善寺。背後が弁天堂です。タブノキが弁天堂のシンボルとなっていると説明にあります。
弁天堂のタモ
背後から見たタモ(タブノキ)です。
弁天堂のタモ
天然記念物表示板 高浜町指定
 天然記念物
 表示板
名称 : 弁天堂のタモ
所在地 : 福井県大飯郡高浜町薗部47-13 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/11/12 弁天堂のタモ マップ
指定 : 高浜町指定天然記念物 (S54年1月20日指定)
アクセス : 【車】舞鶴若狭道・大飯高浜ICから北に県道16号を4.5km、右折し約200m。
「タモ」とは「タブノキ」の別称です。公民館の横、弁天堂の側にあり、主幹が折れた痕や治療の痕が残ります。根元には大きな空洞があります。高浜町が設置した天然記念物の表示板には「タモ モクセイ科」とありますが、この「タモ」はタブノキの地方名で、タブノキはクスノキ科です。
 弁天堂の前にある鳥居には「弁財天」の扁額がかかっていました。弁財天は本来は仏教の守護神であったものが、七福神の一員として庶民信仰となり、明治の神仏分離により多くが神社となり、宗像三女神または市杵嶋姫命を祭っているところが多いようです。
 近くには「佐伎治神社のモミ・スダジイ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(佐伎治神社のモミ・スダジイ) (杉森神社のオハツキイチョウ)
     
福井県   タブノキ    新日本名木100選
   
No.1184